ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは1980年頃にジョン・A・ボリンジャーが考えだしたテクニカル指標です。
移動平均線に統計学の理論を加え、ある時間の値動きの塀kんちから現在の為替レートがどれくらい乖離しているの、散らばっているのかを±1σ、±2σといったバンド、線で表したものです。
ボリンジャーバンドは通信となる移動平均線が引かれ、その上下それぞれに1本から3本程度の線を引きます。
為替が統計学的に正規分布しているのであれば、±1σの間に値動きが収まる確率は68.3%、±2σの間は95.4%と言われています。
このボリンジャーバンドの間にほぼ値動きが来るのですが、これはトレンドの変換を見るためではなく、トレンドの流れを見るものになります。
実際の値動きがボリンジャーバンドに張り付くように動いている場合はそのままトレンドが続きそうと判断し、他の指標を参考に取引をしていきます。
開発者のボリンジャーも逆張りではなく、トレンドに乗った順張りのためにこの指標を使うことをおすすめしていました。